FC2ブログ

スタジオDISH

  自分の備忘録にブログを書くことにしました(^ ^)-*

ゴッコ汁

20210121114458bd2.jpeg


ゴッコを送っていただきました!
うれしいー*\(^o^)/*ありがとうございます!

このあどけない表情のゴッコ、美味しいんですよねー!
初めて札幌で食べた時、感動でした。

ゴッコ汁の作り方

1.ゴッコのオシリからキッチンばさみでチョキチョキ切り開く
2.卵がでてくるのでボールを用意しておいてツルンとボールに流し入れる。
3.卵を包む皮膜は丁寧に取り除いて、塩水で洗いヌメリを取り除く。
 (卵が流れ出ないザルに入れ、やさしくヌメリをときほぐすように洗うときれいになる)
4.肝をとりだし、その他の内臓、エラ、吸盤は捨てる。
5.ゴッコを大きなボールに入れ、グラグラに沸かしたお湯を多めに全体に回しかける。
 (お湯は多めの方が臭みが抜ける。)
6.角質化したヌメリを流水できれいに洗い流す。
7.2cm×3cmくらいの大きさに切る。頭を使わない人もいるようですが我家は全部食べます。
8.ザク切りした7.を水で洗いザルにあげる。これを3回繰り返し水が濁らなくなったらザルにあげておく。
9.鍋に昆布出汁をつくっておく。
10.昆布出汁を沸かし、ザルにあげておいたゴッコをもう一度水洗いしてよく水を切って入れる。
11.煮立たせ、アクをマメにとる。アクがでなくなってきたら顆粒出汁を少量加え蓋をしてコトコト炊く。
12.ゴッコの軟骨が炊けたら、卵を入れる。
 (お玉ですくってそっと入れ、静かに火をとおすと卵が飛び散らずに塊になり、卵を入れて強火で炊くと卵は全体に散る。お好みで。)
13.卵から旨味がでるので、卵が炊けたら味を調整する。塩、砂糖少々。好みで薄口醤油少々。塩味の潮汁も美味しいし、少し醤油の香りのする出汁も美味しい。これもお好みで。
14..大根をいちょう切りにして入れる。大根はあっという間に煮えるので、炊く時間が長くなると溶けちゃうので要注意。
15.大根が炊けたら再度味を調整する。
16.生海苔があればここで入れる。しっかり火を通す。
 (生海苔は水でよく洗い、ざく切りにしておく)
17.仕上げに長葱を入れ、味の最終調整をする。

202101211146339f2.jpeg

ゴッコ汁!
うまうま~っ!!美味しかった~!

※ゴッコ汁は翌日あたためなおしても美味しく食べられます。
 大根と長葱を追加すると香りもよくなります。


  


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する